自分自身思うことと『これから』って?

前にブログにしましたが

【福島の美容学生さん!!】真剣な悩みで問題なんです

地方に美容師さんが足りない?

その前に美容学校に入学する子が減ってる?

問題のような、自分たちにはいいような悪いような話….

現実問題、寂しいような悲しいような

 

一番の原因は『自分たちにある』と思ってるんです。

心に響くものがない。響かせてあげられてない。

美容師のイメージ

『安いお給料』『長時間の拘束時間』『意外と体力勝負』『友達と休みが合わない』『人間関係』

あげたらキリがないぐらいのデメリットな面

自分自身もずっと思ってたことだし、感じてきたこと、経験してきたこと

華々しく感じる都会での美容師生活。

華々しく活躍されてる美容師さん

でもみんな辛くたくさんの努力をしてきてて

人並み以上、人の何倍もの努力をしてきてて

『今がある』

でも近年、自分自身マルチバースに入って思ったこと

【美容の世界はもっと広大な世界があった】

美容師の世界に入って19年。

あっという間だった。

一年一年があっという間。

もちろん楽しいことも辛いこともあり

なんどもなんども打ち砕かれ打ち破られ。

『ここから、ここから』

と自分に言い聞かせながら、たくさんの理美容師さんに支えられ

ここまで来てて、常に本番の真っ向勝負。

『疲れた』と言ったら『自分、負けなんだ』と言い聞かせながら

【弱音も愚痴も言いたくない】

言ってしまったら最後。

満足してしまったらそこで終了。

『まだまだ行けるんだ!いや、行くしかないんだ!』

もっともっと向上心、柔軟な気持ちと心構え。

【光のスピードよりも速い、変わりゆく世界】

ついていけるか?ついていくか?

そして『今』をちゃんと見れてるのか?

『今』から逃げてないか?向き合ってるか?

世の中の速さは思ってるよりも速く

気づいた時にはもう遅いかも?

過去にしがみついてても意味はない

過去の栄光は、あくまで『過ぎたこと』

もう先に進んでる。

常に『現状に満足することなく』

好奇心、向上心、そしてとりあえずやってみたいことを見つける。

いろいろ言う前にやったらいいんだと

お店を持ってから気づいたこと

自分のお店を持って3年。

いろいろやってみたけど

心底から思ったのは『自分の”これだ!を見つけること”』が一番難しいこと

でも意外と簡単なことかもしれない

一歩踏み出して、外から見てみる。

そして広い世界を見つめてみてほしい。

入社したばかりの新人さん!

オーナーさん、先輩がたが言ってることが全てではないこと。

本当に見つけたいなら、まずは『一歩』

外に踏み出してみてください。

自分の経験からお伝えできること

同じ枠の中では、変わらないことしかない。

好き嫌いは一歩踏み出して、とことんやってみてから

いる入らないの選別、品定めをすればいいと思う。

決して『無駄なことなんて何一つない』んだから。

やらずして人を越えれる天才なんていない。

天才はきっと人目につかないところでの努力や苦悩を味わってるからこその。

センスは磨ける。研ぎ澄ませる。

誰かに与えられるもの、答えなんて一つじゃない。

一つより二つも三つもあった方が面白いし、楽しくなってくる。

誰もが優越感に浸りたいけど、努力してこそその境地にたどり着ける。

勝ち負けは自分の、自分自身の中での勝負。

人と争う、競うこと

それはコンテストや競技でやればいい。

最大の敵は『自分の中にある』

人がどうこうとか、もうどうでもいい時代。

人は人、自分は自分。

教わるより、教わりに行く。

姿勢も大切。

たくさんのことを教わった。

でもまだまだ足りないし追求したい。

そんなとある美容師の思いが伝わってもらえたらなって。

やりたいことをやったらいい!!

必ず無駄なことなんてない!

間違った道を歩いていても、自分自身どこかで気づいたらいい。

あるべきこと、やるべきこと

もう誰かが教えてくれる時代は終わったよ!

これからは自分で探していく時代。

勘違いすることも時にはいいけど、勘違いしすぎは良くない。

でも気づくことができるなら、それでいいと思ってる。

圧倒的速さで、圧倒的量でこなせるなら。

それ以上を目指す。

目標なくして、道は拓かれない。

夢は常に抱くこと。

誰にだってできる。

自分にだってできる。

後ろを向いたら、そこで止まってしまうから

後ろを向くときはもっと先の話に。

ちゃんと響いてるかな??

自分もまた新たな一歩を踏み出してみます。

撮影、カットなどなど

遠回りしてるようで

順を追って、攻める。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

CAPTCHA