《福島市縮毛矯正》リタッチ矯正の考え方

縮毛矯正は

当店では『アルカリ矯正』がメインでやらせていただいております

さらに『リタッチ矯正』のお客様がほとんどです

【リタッチ矯正ってなに?】

リタッチ矯正は『根元の伸びた部分を縮毛矯正』

かけることを言います。

一度かけた部分にもう一度お薬(矯正剤)をのせることは

極力避けさせていただいております。

ただ状態によっては全体にかける場合もありますが

基本は伸びた部分のみの矯正がメインです。

【なぜ毎回全体を縮毛矯正しないのか?】

理由は一つです!

『かかってる部分を再度かける必要がない』

ただそれだけです。

御新規のお客様に多いのが

『縮毛矯正って数ヶ月でクセが戻ってくる』

『全然かかってないんです(かけて1週間後)』

「????」

クセが戻る??

かかってない??

一度かけた部分はクセが戻ってくることはありませんし

かかってないというのは、もう一度行かれたサロンさんにご相談ください

一度矯正をかけた部分は切るまでずっとかかってるものなんです。

なのでシンプルに一度かけた部分は二度かける必要がないと思います。

なので当店ではほとんどのお客様が

《リタッチ矯正》をされます。

もちろんかかってない部分に対しては

再度かけさせていただくこともありますが

基本はリタッチ矯正で

ダメージや髪への負担を考えてです

【少しでも余力を残しておきたい】

ほんとここなんです。

シンプルに真っ直ぐ伸ばすこと

極力自然な仕上がりにしてあげたい

コテでアレンジができるぐらい

いろんな理由はありますが

出来るだけ自然にを心がけさせていただいております。

矯正しててもコテで巻きたいですよね?

そこなんです。

【まとめ】

縮毛矯正はお店によって考え方も薬剤も違います

特に縮毛矯正はどこのサロンさんでも

高級なメニューです。

事前にご担当のスタイリストさんにご相談されるのが一番いいと思います。

個人的に縮毛矯正は一人で薬剤塗布〜アイロン

全て一人でやるべき技術と思います

二人でやられる場合は同じ技術ができるぐらいじゃないと難しいと思います。

技術もあれば、最低限の薬剤への知識も必要です

ただ現代はお客様も薬剤を知らないといけないような流れも少し感じてたりもしております

そのカラー剤はどうなんだ?

そのパーマ液はどうなんだ?

というように

ご自分で状態に合うかどうかという判断もしないといけないようにも

近年とても感じるようになってます。

サロン選びの際どこにポイントを置くか?

パッと見て第一印象で選ぶ方法

HPやブログで細かく調べて「ここなら合いそう!」と思って選ぶ方法

もちろんどちらでもいいとは思います。

ただ本当にこれからは『まず自分を知ること』

ここからです!

そして自分に合ってるのか?を考えてみてください

美容師さんは神様でのお医者さんでもありません

あくまで指南してくれるプロです

むやみになんでもOKとは言いません。

ちゃんと一緒に考えてくれる美容室、美容師さんをお探しください。

ボテフォレパン

福島市御山町2-12

024-529-6744


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA