理美容師と手荒れの問題

 

やはり現実から逃げられない問題でもあります。
読まれることで気分を害されたらごめんなさい。
でも美容師人生18年。
同じく悩まれてる理美容師さんにも一緒に考えていきたい問題でもあります。
【美容師さんの『手荒れ問題』】
自分自身が体験したことでもあり
たまに今での荒れることがあります。
何度か「手荒れ」についてはブログにしてきましたが
美容師さんの手荒れの原因もさまざまで、シャンプーによることもあれば
使用している薬剤によるものもあります。
さらには『ストレス』によるものもあるそうです。
【美容師=手荒れ】はよくあることと言われてきた。
まだ美容業界に入りたてのアシスタント時代
当時勤めていた職場の先輩方も手荒れをしてて
自分がシャンプー練習を毎日のようにしてて
「ん??これがそうなの?」って思って
先輩に連絡したら「始まったねー」と言われたことを覚えております。
アシスタント時代に
「社長〜!!手荒れがひどくて痒いんです….」
と当時勤めてたオーナーに言ったら
スゥーっと財布から1000円札を出して一言
「ハンドクリーム買っておいで!」
それだけでも嬉しかったんです。
この時いつも思っていたのが
これって治るんかな??ずっとこのままなんかな??
毎週のように通院してても
薬を塗っても
結局シャンプーしたり、手洗いするたびに付け直して
またシャンプーしたり….
と繰り返し。
『繰り返し繰り返し
気がおかしくなりそうな時期も多々ありました。
お付き合いしてた相手の方と「手をつなぐ」ことに抵抗があったり
寝てる合間にガリガリ引っ掻きシーツや枕が血だらけの時もあったり
本当に気が狂いそうな思い出しかありません。
その都度、勤めてたサロンで言われたのが
みんな通るとこだから、しょうがない。
こう言われてきたことに『完治』という希望を失いかけ
スタイリストになったら手荒れもよくなるんじゃない?
とアシスタント時代に言われてきて
いざスタイリストになっても
現状は変わらず手荒れは続く。
結構凹みます。
美容師という仕事では
カラー剤パーマ液と激薬ばかりです。
もちろん手荒れをしている自分はゴム手袋は必ず着用
でも治る感じがしない。
シャンプーをアシスタントの子が入ってもらってても
もちろんアシスタントのこも「手荒れ」が始まる。
あまりにも辛そうなので自分がシャンプーに入ることもあり
アシスタントのこも自分も「手荒れが酷くなる」
繰り返されることに嫌気が。
美容師なんて辞めてやる
と思うようになり
なんどもなんども思いました。
でも
覚悟を決めた
スタイリストになり
歳をとっていくにつれ
このお仕事しかないんだと
決めた時思ったんです。
手荒れと付き合っていくしかないんだ
さらに凹む自分がいました。
それからボテフォレパンがオープン
スタッフのいないマンツーマンサロン
オープンしてから2年間
手荒れは続いてました。
でも2年目が過ぎたあたりからでしょうか?
気がついたら
『手荒れよくなりましたよね??』
お客さんに言われて
「言われてみれば良くなってる」
さらに手荒れに悩むことが減ったことに気づきました。
普通にグーが握れてる。
これだけでも感動なんです。
でも自分自身『なんで良くなったんだろう??』という感じなんです。
炭酸水を使ってるから??
メインシャンプーを変えたから??
結婚して子供が産まれたから??
いろいろ考えましたが
使ってる薬剤も特にオープン当初から変えてないし
むしろケアというケアに対して
そんなに手をかけておらず。
もしかすると治らないと思ってることへの『ストレス』の部分が大きかったのか?
まだまだ自分自身不思議です。
【これからは『考えていかないといけない』と思ってて】
なんでもそうですが
『健康とお仕事』
をしっかり考えていかないといけないこと。
『美容師=手荒れ』
スタッフさんが考えるんではなく
オーナーさんが考えていかなきゃならないと思っております。
このブログをどのぐらいの理美容師さんが見てもらえるか?はわかりませんが。
上に立つ人たちがまずは考えないといけないと思います。
IMG_6287

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA