パーマのこと カットのこと その前のこと

ボテフォレパンでは今現在….

酸性矯正はやっておりません。

デジタルパーマもやっておりません。

いたってシンプルにアルカリ矯正のみでございます。

ゆくゆくは?

という考えはございますが。

現段階では導入予定はございません。

かといって否定をしてることもございません。

適材適所であると思ってます。

よくご新規様で言われますが

以前はデジタルパーマでした

でもみなさんおっしゃることは

デジタルパーマで傷んじゃったんですよ〜

一番多い声でして

ダメージを一番に考えたいんです。

普通のコールドパーマでもある程度のカールは可能ですが

正直『雑誌のスタイル』ってパーマをかけてるモデルさんって

ほとんどの方がかけてません。

撮影の裏側を見てると

みなさん真っ直ぐストレートの方が多いと思います。

なんでもかんでもパーマで作れるか?というと

正直難しい部分もあります。

ただ『希望のカール感』は巻きをプラスしてあげた方が

一番理想のカール感に近づける思うんです。

巻きやすくを考えた時に『ちょいパーマ』ぐらいで

かかってた方が『巻きやすい』というふうに思っております。

『何も朝はしたくない』という方にはちゃんとお話をさせていただいて

パーマでドライヤーを使ってラフなスタイリング?

それとも

カールアイロンを使ってくっきりカールなのか?

でも多いのは

バーっと乾かして、くっきりカール

おそらく美容師さんは『うんうん、よく言われる』とうなずてると思います。

バーっと乾かすとどうしてもラフなパーマスタイルになりがちです。

乾かしてくっきりカールを出すには

強めのパーマになります。

スパイラルパーマ

ワンカールでもいいのに強めにパーマをかけないといけないんです。

もちろんロッドの太さや薬剤選定でみなさん考えております。

ただし濡れてる状態でのカールがバーっと乾かしてそのままのカールにはなりません。

美容室でパーマをかけた時って

ドライヤーでクルクルねじりながら乾かしてたり

下から持ち上げて揉み込むような感じで乾かしてたり

いろんなスタイリングがありますが

自分もたまに怠ってしまってると反省する部分でもありますが

美容師さんのスタイリングは難しい

クルクルしたり、揉み込んだりなんてできない!!

スタイリング剤つけてドライヤーテクニックなんて難しいです。

その日だけだったら『わぁ!!すごーい!!』ってなりますが

その時に『私、自分でできますかね?』ってよく言われます。

うーーーーーん

美容室あるあるだと思うんです。

でも本当に思うことは

スタイリング方法』までお話ししてないと

絶対いけないことと日々思っております。

スタイリングがオクだわという方に

『どうしたらやりやすいかな??』

とお客様お一人お一人お話しさせていただいております。

もちろん巻いたりできる方は普段の巻きやすい方法で結構です。

ドライヤー一つを取ってもそうです。

『こんな感じに乾かしてあげるとまとまりいいですよ〜』

とお話しすると

えぇ!!今までそんなこと言われたことも教えてもらったこともなかったです

….。

省いてませんか??

ちゃんとお伝えして「やってもらえるか?」は

美容師がちゃんとお伝えしてないからだ!と

自分に言い聞かせております。

「こうしてスタイリングして欲しいんだ!」

と思ったら

パーマをかける前に

カットをする前に

シャンプーをする前に

お客様にお伝えしなくちゃならないこと

 

これからもずっと自分自身、美容師として

面倒臭いと思われてもいいのです

ちゃんとお伝えしないといけないこと

心がけていきたいと思っております。

そんな大したことを語れる身分でもございませんが

『あぁ〜きてよかった^ー^

と一人でも多くの方に

美容室が好きな場所になってもらいたいと思う

ただそれだけなんです^ー^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA